Top

作品47 インテリアファブリックの箱2種


先週末、久しぶりにカルトナージュで箱をつくりました。

カルトンを切ったり、布を貼ったりする作業はよくしていたけど

真髄?ともいえる箱作りはひさびさ。

箱作り、真髄であろうがゆえに、やっぱり難しい・・・


布選びのセンスがとっても素敵な、joli-chikaさんに教えて頂いたショップで

購入したインテリアファブリック。

それを使って、ラウンドと、オルゴールタイプの2種類の箱をつくりました。

b0248564_16442243.jpg

中には何を入れるかというと・・・

どどん!

b0248564_16463192.jpg

この生活感たっぷりの、ウェットティッシュたちです。


我が家では、ダイニングテーブルはアルコール入りの除菌ウェットで拭くし

わたしがハンドメイドをするときも、ボンドでべたべたになった手をしょっしゅう拭くので

ダイニングにもリビングにも、ウェットティッシュが欠かせません。


でもこのケースの生活感・・・。

右の四角いケースはまだいいとして、丸型のほうは何かすごくにじみでてますよね。

べつにウェットティッシュのケースの生活感を隠すほど

生活感のないモデルルームのような美しい部屋ではないんですがw

(むしろ生活感丸出しの昭和全開アパートですw)


なんとなく以前から気に入らなかったんです。

そこでせっかく素敵な布が手に入ったので

これはサイズを測って、ケースを作ろうではないかと。


オルゴールタイプの箱には、ふたに木製の鳥のチャームをつけました。

これ、100均です ^皿^

b0248564_16451452.jpg

中は、一応ケースごととはいえ、ウェットティッシュを入れるので

湿気にも強いように、レース柄のウォールペーパーを。

b0248564_16565928.jpg

わたしがよく使うウォールペーパー。

「ジョリパピエ」という名で売られているカルトナージュ向きの壁紙なのですが

スキバルのように切りっぱなしで使えるし

色柄が豊富で、おまけに湿気やカビにも強いという、壁紙ならではのメリットもついてくるので

とても気に入って、よく使っています。お値段も手頃なんですよ。


箱の側面には、小さなお花のレースをぐるっと巻きました。

b0248564_16592173.jpg

ラウンドタイプの箱は、なんだか失敗だらけw

側面のカーブが綺麗に出せなくてボコボコしているし

なんかもう作る工程から間違ってましたw なんとか形にした・・・という感じです ;

また本でも見て練習しよう~(泣

b0248564_1751488.jpg

ふたは、ギボシの取っ手をつけたかったものの、手元になかったので

これまた100均のナチュラル系くるみボタンを、つまみ代わりにつけてみました。

b0248564_177165.jpg

あまりアップに耐えられない出来なので、写真は載せていませんが

中は、オルゴールタイプと同じレース柄のウォールペーパーです ^^;


久々に箱をつくって

楽しい~と同時に、まだまだまだまだ修行が足りん~ ><

直したいところがいっぱいです。


それでも、家の中で使えるものを、好きな布で作れるのは楽しいですね♪


次は、作業台における、引出し付の小ぶりな棚づくりに挑戦してみたいな~

できるかしら★


◆SHOP てづくりこもの展*chebrose



◇ ランキング参加中 ◇
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
[PR]
by chebukkuma | 2012-09-26 17:15 | *cartonnage




*アトリエ


  
 

   にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

WORKS

画像一覧

ブログジャンル